初体験の日を迎えることになりました。
出会い系PCMAXで知り合った、オナ友の奏和(そわ)ちゃんと、センズリ鑑賞させたり、オナニーを見てあげたりする、魅力的な相互オナニーの関係を継続。
ついに、待ち合わせして本格的に肉体を合体させることになったのです。
露木から教えてもらったセフレの作り方が、開花した瞬間でした。
あれほどロリコン趣味だと豪語していた僕、今ではすっかりそんな気持ちもなくなってしまい、19歳の女子大生に夢中になってしまっていました。
奏和ちゃんの喘ぎ声も素晴らしい。
彼女の肉体だって同様に素晴らしい。
ピチピチの女の子と待ち合わせが決まったのですから、喜びに包まれまくっている状態でした。

 

 予定の時間より、1時間も早く現地に到着。
カフェで時間をそわそわしながら潰しました。
予定の時間が近づいた頃、LINEに通知が届きました。
奏和ちゃんからです。
「今到着しました!」
手足を震わせながら、僕はその場所まで駆け出しました。

 

 女の子と待ち合わせるのも初めてです。
セックスももちろん初めて。
ラブホテルに入るのだって、初めてなんです。
緊張の度合いが、今まで感じたことがないものでした。
テレビ電話で見た、あのエッチな肉体を持っている女の子が目の前。
顔立ちも愛らしい。
僕は今から彼女を食べられる。
男になれる。
様々な思いが浮かんでは消えました。
手を震わせながら、彼女の肉体に触れる。
暖かくて柔らかい女の子らしい肉体。
ムスコは、とても大きく硬直していました。

 

 思い返すだけでも興奮が強く出てしまいます。
奏和ちゃんの柔らかなスベスベの肉体。
オッパイの弾力。
乳首の硬さ。
オマンコの濡れたエロ過ぎる感触。
彼女の中に挿入して、一人前になれた時、感激をしてしまったのです。
感激と共に、猛烈過ぎる快楽が肉棒に広がりました。
射精するまで、激しく肉棒を前後運動。
記念すべき日になった、そう言える瞬間でした。

おすすめ定番サイト登録無料

PCMAXを筆頭に5大セフレ探し最高峰サイト